文豪ヘミングウェイの日課:Word count

どうしたら書く力を伸ばせるのだろうか。

一つの答えは、一定の英文を毎日書くことだ。書かなければ、書く力はのびない。単純なことだ。だから英文を生成することを日課にする。

ではどうすれば書くことが日課になるか。文豪アーネスト ヘミングウェイは、自分が書いたワード数を毎日カウントしていたそうだ。

He tracked his daily word output on a chart–“so as not to kid myself,” he said

Mason Currey “Daily Rituals: How Artists Work”

自分を甘やかさないために、アウトプットした英文をカウントし、毎日チャート表に記入していたという。

自分が書いた単語数をカウントし、毎日記録し続ける。このシンプルな行為が、文豪を生んだのだ。

英語学習に応用できないであろうか。英文を読み、サマリーを書く。ワード数を計算し記録する。やってみよう