よい発問のために(3)ー学習者の答えにどう反応するか

教師の問いかけに反応してくれた生徒への対応:

私の授業を映像で見てもらった際、師匠に叱られたことがあった。発問に対する生徒の発言を、もっとしっかり受け止めろ、と厳しく指摘された。指摘事項を以下にまとめる。


生徒の回答、反応は宝である。大いに褒め、正しい英語で言い換える、つまりrecastしてやる。どんな英語も受け止めて、正しい英語にしてくれると感じさせることが、教師への信頼感になる。

生徒のどんな英語も、ひろってやる。そしてそれを正しい英語にして返してやる。これは一筋縄ではいかない。

まず生徒の発話を流さず、しっかりと聞き取る集中力が必要である。自分の話したいことばかり考えていたら、生徒の言葉へ反応できないだろう。つまり余裕が求められる。私の師匠は、「生徒の発話は宝です。その宝を大切にしてあげなければならない」という。大切にするとは、しっかりと受け止め、感謝と喜びを伝え、大げさなぐらいに反応することだ。

次に、当たり前であるが、高度な英語力も求められる。生徒の不十分な英語を、ただしい英語に変換して即座に話すことを、Recastingという。このrecastingを行うには、リスニング力、瞬発力、文法力などを十分に備えておく必要がある。一朝一夕には身につかない。よい英語教師は、絶え間ない英語力の向上を実践し続けなければならないのである。

一般的にも、相手の話をよく聞ききなさい、とよく言われる。よく聞くことができるということは、頭がよいということだ。まず、よく聞く、という行為は、受け身ではできない。相手の言葉を一字一句逃さずに拾い、適切に反応することは、積極的な姿勢が求められるからだ。もし相手の発話が不十分であれば、それを補って、「それは●●ということですね」と、相手の言わんとすることを正確に言語化してやる。こうすれば、お互いの誤解は最小化され、相手からも「私の話をよく聞いてもらっている、と感謝されるであろう。だから頭がよくなければ、よく聞くことはできない。

相手の話をよく聞くことは、コミュニケーションの第一歩である。当たり前すぎて、ただのきれいごとに聞こえるかもしれないが、最も基本的で、大切な姿勢である。

私は、自分の英語授業の映像を見ていただいて、経験豊富な師匠から多くのフィードバックをもらった。特に、この「生徒の声は宝であり、感謝し、正確な表現へリキャストして投げ返せ」という言葉は、英語の指導技術以上の、コミュニケーションの本質を含んでいると感じた。

http://learningshelf.net/2019/11/05/よい発問について(1)生徒に問いかけ、思考力/