1年間の授業を振り返る

3月も半ばを過ぎ、担当する英語の授業も終わりました。

例のごとく、1年間授業した感想を生徒から集めたのですが、昨年とは違ったコメントが多く面白かったです。

昨年の春休みに、ある先生の研修を受けて、その方の授業をかなり参考にさせていただきました。おかげで授業全体をall Englishで進めても、生徒の理解度が下がらない、逆に「わからないから、なんとか理解したい」という意欲を引き出すことが出来たと思います。

「授業進度が早く、英語で授業されるので最初はむずかしかったが、必死についていくと英検準二級を取れたり、英語力が伸びた」

という嬉しい声も何人かから出てきました。

授業開始の4月から5月は、英語だけで授業をしても「わかるわけねーよ」「日本語の単語訳がないと、全然わからない」「授業進度が早すぎる」など、生徒から不満ばかり出てきました。

他の担任からも、「面談で、あなたの授業、生徒が全然わからないって言ってますよ」などの声も、届けていただきました。

しかし1年続けると、「スピードに慣れた」「英語で話すチャンスが多くてよかった」「英語でのやり取りが楽しかった」「体を使った活動が多くて、飽きなかった」「昨年の先生より、授業が楽しかった」など、好意的なコメントが多くて驚きました。

当初、全然わからないとグチばかりだった生徒も、「最初は英語が早すぎてついていけなかったが、徐々に慣れて内容も理解できるようになり、嬉しかった」とコメントしてくれて、苦手であった英語も、英検を3級合格し、準二級の一次試験も突破してくれました。

やはり、教員は、自分が正しい、と思うことを、自信を持ってやり抜けばいいのだと確信しました。

学習者の成長を促すよう、指針を示し、励まし続ければ、若い彼らは大きく伸びる時がある。

目の前の生徒からネガティヴな反応が出ても、周囲から雑音が入っても、それにブレてはならない。

たくさんの学びがあった1年でした。

来年度は、CLIL型授業に挑戦してみたいとおもい、テキストを読み込んでいます。

また英語の多読多聴学習についても研究し、実践報告や論文を書きたいと思います。

コメントを残す