研究授業が終わりました

先日、研究授業が終わりました。

教員の初任者は年に3回、研究授業を3年間行うことになっています。今回はこれまでの学びの集大成という位置づけで、授業に臨みました。

1時間の授業の最後に、リテイリングをゴールに設定しました。Picture drawing, Oral interaction, 英問英答のグループ活動、新出語彙の導入と練習、音読、最後にリテイリングという流れです。

今回、1時間の授業でコミュニケーション英語Ⅱの1パートが終わるような授業構成になりました。参観してくれた先生から「毎回授業1回で1パート終えてるの?」と驚かれました。1パートで終えようとしているのではなく、授業準備に時間をかけ、内容を深めていったら、1時間で終わるようになった、というのが正直なところです。

この授業では、すべて英語のみで授業を行ったところを見ていただきました。過去2年間は日本語を使用する場面が多かったのですが、今年は年度当初に掲げた、「英語で教える英語授業」を何とか実践できたと思います。

1年目の授業に比べたら、まったく違った授業構成です。すこしずつ自分の目指す、「イギリスで受けた英語の授業」に少しは近づけたかなと思います。

理由を振り返ると、自己投資しつづけてきたことがあげられるかもしれません。1年目は20日以上授業研修会に参加し、2年目以降も年に5回程度は身銭を切って講習を受け続けています。通訳案内士の試験など、英語資格試験の勉強も続けています。

年度当初に読んで参考になったのは、相沢佳子さんの『850語で話せる英語』という本です。ベーシックイングリッシュの基本的な考え方が理解でき、まさに目からうろこでした。教科書の新出単語を易しい英語で説明するためには、パラフレーズの力が必要なのですが、これまでこの方法がよくわからなかったのですが、850語という語彙制限があれば言い換え易いのです。

生徒にどんなスピーキング力を身につけさせたいか、と問われたら、「易しい850語程度の単語を組み合わせて、自分の言いたいことを英語で伝えられる力」と答えると思います。

来年度は、また新たな目標を設定したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。