授業をとことん極めてみたい

先日の面談で、上司よりこんなことを頼まれました。
「2人の若手を、あなたの授業に見学に行かせてもいいですか。あなたは授業のスタイルがだいぶ出来上がっているようなので参考にさせたいのです」

意外な言葉だったので驚きましたが、とりあえず「いつでもどうぞ」、と。

今年はネイティブレベルの英語力を持つ生徒もいる、上位レベルのクラスを担当するので、授業を改善しなければと焦っていて・・・
そのために、今年の春に受けた、とある超進学校の英語教員の研修を参考に、その授業スタイルを、まずそのまま真似ることから始めました。

レベルが低い生徒も混在しているクラスなので、理解しやすいように何種類かの活動も加え、生徒を飽きさせないような授業展開に磨き続けたのです。
授業準備に時間がかかるのが難点ですが、ほぼ英語だけで授業が展開できるので、私も楽しい。

そんな授業を続けていたら、授業スタイルが評価されたようです。
もともと評価など求めておらず、目の前の生徒のことだけを考えて授業を改善してきたのが、結果としてよかったのかもしれません。

いまの授業の骨格は、英国留学の体験をベースにした、「海外で受ける英語授業」の感覚を生徒に与えることを意図して作っています。
この骨格は変えず、マイナーチェンジやカスタマイズをして、基礎力強化や応用活動も授業に含めてみたいと思います。

高校で教える英語授業を、とことんまで極めてみたい。
そんなこともたまに考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。