多読多聴と過去問で英検2級合格

高校2年の7月に英検2級に合格した人が出ました。
英検準二級レベルは合格者も多いのですが、2級をこの時期で取ってくれたのはうれしかった。どんな勉強をしたの、振り返ってみてくれない?と体験記を書いてもらいました。

英検2級合格までに、高校に入学した1年3ヶ月で行ったこと:::

英語の絵本の多読と多聴を1000冊
1年目の初めは易しいORTを100冊よみ、徐々に英文になれた。600ー1000ワードの絵本も楽しめるようにな理、英文への抵抗感がkなくなった

2年生になると、レベルを落としてスラスラ読める本をたくさんよみ、1000冊を超えた。物語だけでなく、科学や歴史の短い本も読んだのが、英検2級の科学系長文にも役立った。

単語は過去問を解きながら覚えた。
知らない英単語、その日本語訳、そのたんごを含む英文、その日本語訳 の4つをノートに書く。連番を振り、達成感を感じられた

スピーキングはコミュ2の会話練習、ライティングは授業で学んだライティングテンプレートが役立った

筆写ツールも英文構造理解に役立った。教科書の英文を1000文以上書き写した。

-///多読多聴を中心に据えて、過去問をときながら明示的に単語を覚えていく。授業で英語を話す、書く時間を毎回少しでもとること英検合格の近道のようです。

多読多聴をinputの軸に据えた英語学習は、伸びしろがある。生徒の表情を見ると感じます。楽しいので、テスト対策だけで燃え尽きる心配がないのです。

将来は、
Extensive reading & listening
の学びの場を作りたいと思ってます。
無理せず継続的に良質のインプットが得られる、老若男女がリラックスして学べる場所。
洋書の蔵書も3万冊ぐらいを目指したい。
文法会話ライティングも学べる。

Learners first.
Fluency first.
Simple English, complex ideas.

コメントを残す