英語長文ノートの作成方法(木村先生)

英検指導用の授業構成を検討しています。

単なる資格試験対策に終わらず、大学に進学しても、社会にでても英語を学び続けたくなる授業にしたいとおもってます。

ノート作成について、経験ある先生を参考にさせていただきたいと、調べてみました。

灘高の木村先生
長文学習ノートの作成方法(A4版大学ノート)

 ・左ページ 英文のコピーを貼る(できるだけ左によせて)
 ・左ページ 右の余白に、未知の単語・熟語を書き込む
 ・左ページ 一番下は、音読した回数を正の字で書く(音読20回を目標)

 ・右ページ 上半分は設問と答案。答案はあとで添削できるように1行おきで
 ・右ページ 下半分には、難しいと思ったことの解説を書き込む
 ・右ページ 下半分には全訳のコピーも縮小して貼る

1つの長文が見開き1ページ。
常に持ち歩いて、ノートをみて復習できるように。

英検の対策授業であれば、
リーディング問題を解かせ、
そのあと解説する。
解説用に日本語訳と、主語動詞や構文理解用のプリントも用意する(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。