創業を考える

最近になって、身近な人が創業を考え始めました。
私もMBA留学後、創業プランの練って実行に移そうとしたこともあったので、アドバイスをしました。

その人のために、参考になりそうな創業関係の本を探してプレゼントし、喜んでくれたようです。

そんなことがあって、私もいつかは創業したいな、と思う自分に気づきました。

そもそも英語教員になったのは、将来の創業のための経験を積むことが目的でした。
留学後に英語スクールを立ち上げようとしても、「自分は経営したいのか、英語を教えたいのか」が決めらなかったのです。
それは、そもそも自分が英語を教えたことがなかったから、判断できなかったのだと思います。

英語教員になって、英語を教える立場に身を置くと、毎日が様々な経験を蓄積できる貴重な機会だとわかります。
周囲からは「やる気がありますね」といわれることも多いのですが、このやる気の半分は、自分の創業のための知見を広げるという目的のためかもしれません。

この2年で、どんな英語教育を行いたいのか、アイディアが膨らみ続けています。

英語学校を経営するだけでなく、自分も英語を教えたい。
単に英語を教えるのでなく、外国人が思わず耳を傾けたくなる、「語るべき中身」を豊かにさせる教育をしたい。
そのために、英語だけでなく、我々日本人の土台である、日本語の教養も高めるような教育を行いたい。
英語や日本語の古典などの名文暗唱素読なども取り入れてみたい。
英語の土台は、やはり語彙力であり、基本とされるword family 9000語の発音・意味・機能の3つを身につけるボキャビルの仕組みを作ってみたい。
日本にいながらにして、良質で大量の英語に触れることのできる、多読多聴学習を行いたい。
英語プレゼンを指導した経験から、論理的思考力を高めるようなプレゼンテーション、エッセー指導を行いたい。

などなどです。

まずは、目の前の生徒のために、自分ができる最大限の工夫をする。
目の前の生徒が喜び、英語力が高まれば、結果として創業の道は開けていくと考えています。

全国通訳案内士試験の勉強に取り組むことで、日本事象についての語彙も増えるという効果があります。
資格を取得すれば、保有学位や資格を教育の品質保証や強みにできるかもしれません。
英検1級、通訳案内士、MBAなどの資格や学位、英語指導経験など。

資格取得だけでなく、日々の学びを1冊の本にまとめたいと常々考えていますので、これもこつこつ続けていく予定です。
テーマは、「アカデミックライティング手法を活かした、英語プレゼンテーション入門ービジネスプラン編(仮)」です。
ビジネスプランを作成と、その英語プレゼンテーションを指導した経験から、英語のプレゼン指導は、英語の論文作成指導とプロセスが同じことに気づきました。
私の留学時の経験と、日本の学校での指導経験を融合させる良いテーマかもしれません。

資格取得
本の出版
英語指導経験の蓄積

これを目指し、次年度も英語を教えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。