通訳案内士試験

先日通訳案内士試験を受験しました。

この試験では2次試験で逐次通訳や日本文化のプレゼンテーションが課せられるため、英語学習のモチベーションづくりになると考えたためです。

しかし受験勉強はほとんどできず、丸腰で試験を受ける結果に。

英語科目は英検1級をもっているため免除されました。

邦文3科目の自己採点結果は、日本地理は44点、日本歴史は88点、一般教養は51点です。

邦文試験の免除では、センター試験の現代社会で一般常識を、旅行取扱主任者試験で地理地理の免除を目指します。

今回の試験では日本史は合格しているレベルなので、来年は免除規定を利用。一般常識はセンター試験を受験して80点以上を取りたい。そこで今から1月までは現代社会を学習する。11月の地理検定も受験して観光地理を学び、1月以降は地理対策に本腰。

2019年には通訳案内士に合格するため、免除狙いプラス日本事象を英語化する練習を習慣化したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。