「あなたの授業、結局何も身につかなかった」と、生徒に言わせないために・・・

英語を教え始め、1年の終わりのことです。

1年間教えた生徒に、授業アンケートを求めました。

おおむね好意的なコメントが多かったなか、「結局、英語は何も身につかなかった気がします」と書いてきた生徒がいました。

1年前の授業開きのときに、私は、生徒にどうなっていて欲しかったのか。どんな英語力をつけさせ、次の学年に送り出したかったのか。

こうした問いへの、明確な答えを私は持っていませんでした。
結果、「1年授業を受けても、何も身につかなかった」というコメントを、この生徒に書かせてしまったのです。

これを読んで、頭をがつんと殴られた気がしました。

彼に「申し訳なかった」と思う一方で、次に教える生徒には、なんとか英語力のミニマムを保証したい。

中学英語の基礎がぐらぐらで、英語が全く出来ないと自信を喪失している生徒にも、これだけは身につけさせてやりたい。

では、それはいったいなんだろう。1ヶ月間考えました。

身につけさせたいもの、それは英語で会話を「続ける力」と、英語で自分の想いを「書く」力かな、と定義しました。

まず、英語で疑問文を作って声に出せる力です。質問が作れれば、とりあえず会話が続けられる。
そのために、「スラスラ!英会話」を作成しました。これだけは暗唱し、高速で言えるようになってほしいという想いです。
ペアワークで繰り返し定型表現をQ&Aさせ、定着させていきます。

次に、英語の定型表現や基本的な文をノートに書く力です。基本的な文を書ければ、それが自信となって、自分の想いを発信する土台となる。
これには、基本的な文の徹底的な音読しながらの筆写が不可欠であると、私の大学院留学時代の経験から結論付け、「マメパワノート」という音読筆写用ノートを作りました。マメに書きつづけることで、書く力がつく、という想いをこめています。
自習活動として、書いた文に連番を振り、意味の分かる文章をひたすらマメに書き続けさせます。

1年後、「結局、英語は何も身につかなかった」と言う生徒を生み出さないために、スピーキングとライティングを鍛えるツールを開発しました。1年かけて、実践してみたいと思います。

コメントを残す