カランメソッドからヒントを得た、「スラスラ!Q&A英会話」

私が勤務する高校では、中学英語の基礎を身につけず、高校に進学してきた生徒が大多数を占めます。
特に文法知識がぐらぐらな生徒が多いです。

当然、高校教科書で扱う文法項目は、いきなり教えても理解できません。

そこで、英語のQ&Aを繰り返し発話させて表現や文法事項を覚える、「カランメソッド」にヒントを得て、「すらすら!Q&A」(1場面完結の、文法項目別Q&A対話集)を作ってみました。手順は次の通りです。

・教科書で扱わなければならない文法事項の例文を書き出し、それに対応する疑問文を作成する。
・ストーリー仕立てにQ&Aを10組程度ならべる。
・コミュニケーションのスキットとして、hello, how are you? から始まり、See you soon.等、別れまでのパターンとする。
・時間制限を設け、1分程度でペアでQ&A対話集を

効能としては、
文法事項をQ&A形式で発話し合い、実際の使い方を体感できる
ペアでQ&Aを読み合うことがベースの活動なので、英語が苦手な生徒も取り組める
Q&Aをペアで繰り返したあとに、文法事項を説明すると、生徒の理解が速く、また深くなる
生徒の習熟度に応じ、自分たちで活動の負荷を調節できる

教科書の文法事項を、理解させるだけでなく使えるレベルにまで習熟させるためには、こういったQ&A対話集を自作することも有効だと思います。

コメントを残す