Extensive Listening first

多読多聴を指導しはじめて1年が経過します。

当初、指導方法に苦労しました。
多読の大切さはこれまでの英語学習経験、とくに留学経験から、重要だと分かっていました。
同時に生徒を指導する際も、「易しい本を、大量によむこと」など、具体的に指導しやすかったのを覚えています。

しかし、多聴については、当初は重要性も、指導方法も分かりませんでした。
私自身がリスニングを苦手としているので、余計に多聴指導に苦労したのです。

自分自身も多読を開始し、9ヶ月間で1400冊の絵本や洋書、累計89万語を読んだ計算になります。
多聴については方法が分からず、ほとんど取り組みませんでした。

そんなとき、ある多読多聴塾経営者の本を読み、はっとさせられたのです。
それは、「朗読CD音源は、一定の速度で読まれている。この速度に合わせて文章を理解しようと努めることで、読書スピードを向上されることができる」という発想でした。

試しに手当たり次第、音声付きのgraded readerなどを借りて、リスニングしながら読書しました。
すると、確かに読書スピードが早まるのです。音声に遅れないよう、注意深く読書せざるをえません。

また、英語の音にも慣れ、多聴extensive listeningはスピーキングにも役立つ感覚です。

言語は、音声が先に生まれ、あとから文字が作られた。
子供も耳から言語を覚え、発話し、それから読み書きを身につけていく。
とすると、英語学習の中心を、リスニング、特にextensive listeningに比重を置く事は理にかなっている。

多読に比べて、多聴の効果を実証した研究は少ないようです。
いつか仮説を立てて、効果測定してみたいと思います。

さて最後に、効果的な多読多聴の方法について。
読書の際は、次のステップを心がけています。
1、挿絵や写真を大切に。まずイメージを膨らませよ。
2、音声を大切に。挿絵や写真を見ながら、音声を聞いて内容を想像しよう。
3、最後に、音をききながら文字を読もう。音と文字を一致させよう。

自ら実践し、そこでの知見を基に仮説を立て、4月からの授業で実践してみようと思います。

コメントを残す