英語2のスピーキング試験について

今回、試験的に、英語授業にスピーキング試験を導入してみました。

ALTやJETと連携し、試験官をお願いしたのです。

基準は次の通りです。

1)教科書本文を制限時間内に音読できる。50秒。
2)写真やフレーズを見て、教科書本文をリテリングできる。1分間。

生徒の感想は、1)はできるが、2)は文章を暗記しないとできない、など。

実施してみて、多くの気づきがえられました。
まず、良かった点。

授業内での音読活動に取り組む姿勢が真剣になる。

課題について。

1)音読とリテリングの間を橋渡しする活動が必要。暗唱など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。