英語力を高める習慣について

英語の授業を改善していくうちに、自分の英語力の課題も明確になってきました。

課題は、自分が実際に話せる表現が固定されていること、正確性と流暢性が不十分であることです。

現在行っている英語学習は以下の通りです。

1、英語の多読・・・1日2000〜10000語程度を読んでいます。
多読開始は2016年5月末で、現在62万語、冊数は1300冊です。
目標は、年間100万語読む事を習慣化することです。100万語読めばおしまい、ではなく、易しい英語を読む習慣を身につけ、fluencyを高めたいと思っています。

2、英文のシャドーイングやオーバーラッピング
授業で指導する教科書本文を、CDに合わせて音読しています。人前で発話する関係上、繰り返し行なって精度をたかめる必要があります。内容によっては丸暗記しているパッセージもあります。

そこで日本にいて英語力を向上させる方法を考えてみます。

●日常的に英語を使う習慣作り

1、手帳を英語で書く。
→日常よく出会う出来事や予定を記録する。辞書を引くことで、生活単語に繰り返し出会える。

2、英文日記を毎日書く。
→1日3分〜5分程度、今日あったことを書く。ここでも軽く辞書やフレーズ集を見ながら書く。

3、今日の出来事を英語でつぶやく。
→2分間、しゃべり続けることを課す。1、2で繰り返し出会う語彙を覚えれば、スピーキングが楽になる。

いきなり大きな変化を取り入れても、継続できなければ意味がありませんので、
まずはこのぐらいの小さな改善から始めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。