2015年を振り返って

今年もあとわずかです。
個人的には、良い意味で、人生最大の変化に見舞われた1年でした。

2015年に達成したことを振り返り、来年にむけての課題や目標をまとめたいと思います。

まず達成したことについて。
どんな些細なことでも、できるようになったことや、改善したことを整理していきます。

1、英検1級に合格。
2、オンライン英会話が習慣化しつつある。
3、英語の参考書『基本英文700選』、『英文解釈教室』を読了できた。
4、教員免許を取得。
5、英語音声学の授業を初めて聴講し、発音を体系的に学び直した。スクリプトの音声分析、自分の発音や指導に少しが持てるようになった。

もともと私は英語の落ちこぼれだったので、更なる向上のために、これからも謙虚な気持ちで学習を続けていこうと思います。

2016年の目標

★英語学習
1、資格試験を受験する
英語学習のモチベーション維持を目的。
CAE, CPE,通訳案内士試験を受験する。CAEはAレベル合格目標。CPE, 通訳案内士はとりあえず受験する。

2、Reading Noteを継続する。
発信語彙の増強、英語素材の収集管理、英語表現ノート作りを目的。

Reading Noteとは、英語学習を継続するためのツール。
内容はシンプルで、英字新聞、入試問題、その他英語素材を読んだ後、ノートに貼付ける。調べた事を記録する。

このノートの役割は以下の通り。
1)英語学習記録(モチベーション管理。学習記事に連番を振る)
2)英語素材のスクラップ (A4ノートの右側。授業で使用したい記事、役立つ英文記事、英語学習教材など、何でも貼付ける)
3)英語表現ノート(A4ノートの左側。発信語彙化したい表現を記録する。ロングマンの表現等を書き写す)
4)ライティングの記録ノート

これらを1冊のノートに統合して管理する。
管理対象をノート1冊に絞ることで、英語学習を継続し易くする。

・A4ノートを使用する。
・左ページに英文(英字新聞記事、入試問題等の生の素材)のコピーを貼付ける。
・よくわからない文法、表現には、赤線のアンダーラインを引く。
・自分が使いたい、発信語彙として習得したいと思う表現には、青線のアンダーラインを引く。特に気に入った表現には、☆マークなどを付ける。
・右ページには、疑問に思った赤線箇所について、辞書や文法書を引いて答えを書く。
・同じく右ページに青線のアンダーライン箇所、特に☆マークの表現を筆写する。
・赤線、青線の単語のうち気になるものを、ロングマンを引く。発信語彙として使いたい表現を見つけ、筆写する。
・最終的には、ノートの右側は英文記事が貼付けられ、左側は文法や使いたい英語の表現が書き出されている。

3、オンライン英会話を習慣化
スピーキング強化を目的。 
2015年はDaily news article discussion受講の際、事前準備にこだわりすぎたため、忙しい時は受講しなかった。
2016年は、時間があるときはDiscussion,忙しいときはfree conversationに切り替える。

、4技能統合型の英語学習を検討する
発話を録音し、自分の英語をモニター

5、発音・イントネーション・音声変化の練習を習慣化する。
年始から授業を取るので、これをペースメーカーとして発音練習を習慣化する。English pronunciation in use(elementary)を使う。

6、通勤中をつかって、Timeを1週間で読みきる。
速読→精読→辞書を用いて更なる精読。
速読は、パラグラフのtopic sentenceを拾うなど、大意をつかむことが目的。留学中のリーディグ感覚を思い出して。
精読は、文法構造や未知の単語を理解しながら、丁寧に読む。赤ペンで分からない箇所、青ペンで発信語彙化したい表現に線を引く。
更なる精読は、赤ペン箇所を辞書で調べながら読む。

7、毎日15分程度でもいいので、ジムに通う。
体幹トレーニング、ウォーキング、水泳を習慣化したい。。。

英語教師は、当然ながら英語の良きパフォーマーたれ。
2016年も牛の歩みで進みたいと思います。

コメントを残す