英語学習の七つ道具(※検討中)について

英語学習を継続し、英語力を上達させ続けるための「七つ道具」について考えます。
※日々検討しつづけ、完璧な7つ道具を完成させたいとおもっています。

1、英英辞書ーLDOCE 
目的;英語の語感を保つ。語義や発音を確認し、正確な知識を身につける。
使い方;iPhone等のスマフォにアプリを入れておき、単語の発音や語義などをまめに調べる。英英辞書を自分の身近な先生に。

2、インターネット(格安英会話とブログ)
目的:英語のアウトプット機会を継続的に作り出す。アクティブ語彙を増やすモチベーション維持。
使い方:英会話では毎日30分、会話を続ける。英語のブログを立ち上げ、毎日書く。正確性よりも、量を意識して書く。両方とも、楽しさを重視し、アウトプットの習慣を確立することだけを目指す。

3、A4ノート
目的:学習経験を可視化する。
使い方:英語学習したもの、英語指導に役立つものなど、とにかくすべて貼付ける。右に教材コピー、左にメモや覚えたい表現を筆写する。それぞれ連番を振り、管理する。学習用ノートでもあり、英語素材のスクラップでもある。
シャドーイングした教材なども、すべてこのノートに貼付ける。

4、発音、プロソディの練習教材、アプリ
目的:発音やイントネーション・リズムを矯正する。発音、イントネーションやリズム,語強勢・句強勢・文強勢などを鍛えて、英語らしく音読や発話ができることを目指す。
また、実際に正しく発話できなくとも、理想とする発話モデルを自分のなかに作る。
使い方:一通り音声学の基礎を学んだあと、発音練習教材やiPhoneアプリを継続的に取り組む。おすすめは、”Get rid of your accent”。

5、英文暗唱用教材
目的:発信語彙や運用できる文法表現を増やす。
使い方:定評ある暗唱用例文集を繰り返し音読、暗唱する。発音記号を調べ、リズムやイントネーションに気をつける。日本語を見て、英文がスラスラと発話出来ることをめざす。毎週20例文など、期間と量を決めて、機械的に続ける。

6、文法参考書
目的:日々の学習で、あいまいな文法知識を強化する。
使い方:不明な文法項目があれば、適宜調べる。Practical English Usage(Swan)など。

7、英語媒体(BBC radio, BBC I player
, the Economist, 英字紙)
目的:英語を学ぶ、のではなく、
ネイティブ用媒体をつかって英語で学ぶ姿勢を保つ。知識更新、海外メディアの視点獲得など
使い方: 常に触れる。
BBC workd serviceは常にスイッチを入れておき、英語が流れている環境を作る。

日々、英語学習の7つ道具を更新し、いつか完成させたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。