オンライン英会話 ディスカッション授業の効果的な使い方について

インターネット英会話、とくに英字新聞を使ったディスカッション授業の効果的な使い方について考えます。

ここではレアジョブのDaily Articleを使用した学習法を紹介します。
http://rarejobdailynewsarticle.blogspot.jp
1回の授業は僅か25分ですが、うまく習慣化できれば、スピーキング力を継続的に鍛えられます。

格安オンライン英会話の講師はフィリピン人です。
もちろんすばらしいフィリピン人講師も多いのですが、実際の講師の質は当たり外れが激しいため、授業自体に過度な期待をしない事が、継続のために肝要です。
どのような講師でも、アウトプットの効果が出るように、十分な事前準備を行います。事前準備自体が、発信語彙やアウトプット力を高める重要な機会と捉えます。授業は、あくまで事前準備した内容を使ってみる場です。
また、準備していない予想外の問いに対応し、うまくできない場合は「もっとがんばろう」とモチベーションを得る機会でもあります。

学習ステップ
(1)準備
1、記事のディクテーションを行う (所用時間15分ー30分程度)
毎回の記事に音声素材が提供されていますので、ディクテーションに使用します。
音声を一文聞いたあと、一旦止めて、頭に保持された記憶を頼りにディクテーションします。
*英語のイントネーションに慣れることができる、発信語彙が増える、スペルが覚えられるためライティング力が向上する、等が期待できます。

2、記事内容を口頭でサマリーする (所用時間15分程度)
記事を理解したあと、自分の言葉でサマリーします。制限時間30秒、タイマーを図って練習します。この時、紙に書く前に、いきなり口頭でサマリーを行います。
読んだ記事の語彙を、自分が運用出来る発信語彙に変える訓練です。
初めはうまくサマリーできませんが、とにかくスピードを重視して話そうとします。
10回ほど繰り返し、30秒内に出来るだけ情報を盛り込むよう、練習します。

3、ディスカッション用の問い(4つ)に対する回答を、口頭で作ってみる (15分程度)
サマリーと同じように、まず口頭で言ってみます。1問30秒で回答します。
これも1問につき10回ほど練習し、30秒内で流暢かつ内容の濃い主張が出来るよう、口頭で文章を作ります。

必要に応じ、語彙やコロケーションを調べ、サマリーやディスカッションの会話に盛り込みます。

(2)実際の授業
ディスカッション授業では、練習したディクテーションや口頭サマリー、口頭ディスカッション回答を、実際に使うことを心がけます。準備をしたお陰で、たった25分の授業でも、濃密なやり取りが可能です。
準備していない質問をふられた時、うまくしゃべれないかもしれません。これは逆にチャンスです。次回はスラスラと話せるようにと、さらなる学習のモチベーションにします。

発信のために、読む。発信のためにディクテーションする。発信のために、単語やコロケーションを覚える。
毎日25分のディスカッションを習慣づけることで、英語の運用能力、発信語彙がすこしずつ拡大していきます。

コメントを残す