Downton Abbey ダウントン・アビーの字幕を見ながら、基本英文700選の凄さを噛み締める

Downton Abbey ダウントン・アビーが面白い、という話を聞き、DVDを購入しました。
日本語版はDVD1枚4000円と高いため、これは払えないなと思って輸入版を選びました。DVD15枚で4000円と格安です。

当然英語の字幕のみで、日本語の字幕は有りません。
ドラマの背景知識も無く、第一話を理解するのに骨が折れました。
しかし、英語版一本やりで楽しむメリットもまた、多いと気づきます。

ます、上流階級の世界を描いており、表現もスラングが少なく、堅い英語表現が多い。
英国人のネイティブに話すと、「古めかしい表現ばかりを覚えることになるよ」と笑っていましたが、
気の利いたイディオムやスラングを覚えるよりも、こうした堅い英語表現のほうが、ノンネイティブには場面を気にせず活用出来ます。ビジネスの場面で使って、馬鹿丁寧とは思われても、くだけすぎた印象は与えないため、失礼なやつだと思われるリスクが少ないとも言えます。

次に、ストーリが急展開で進むため、速く内容が知りたくなる。正確に捉えたくなる。
そのため出会った分からない表現を徹底的に調べるのも、苦痛ではなくなるのです。知らず知らずに英語を学んでいることに気づきます。楽しい作業です。

そして、ダウントン・アビーの字幕を見ながら、基本英文700選の凄さを噛み締めることができます。

私は『基本英文700選』を暗唱して、英文の型を体得できたかな、と感じていましたが、Downton Abbeyを輸入版で見れば見るほど、その思いは確信へと変わります。

Downton Abbeyで使われる表現は、硬質です。
堅すぎて現代で使われる英語ばかりではないのですが、それでも、700選を本気で暗唱したあと、このドラマを見ると、「あ、あの文法事項だ」「この表現も」と、英文をもれなく理解でき、嬉しくなります。
当然単語やイディオム知識は足りないため、理解に苦労はしますが、文法については不安が全く無くなります。

どなたかが言っていました。
700選や英文解釈教室を終えると、たいていの英文に出会っても、どういう文法や構文項目か理解や推測ができるようになると。確かにそうです。

ある程度英語は出来るが、実は基礎に自信が無い方。知識の抜け漏れを感じ、英語の生素材にあたると分からなくなる方は、いちど英語の型を体得するため基本英文700選や英文解釈教室に取り組むのも良いと思います。英語がすっきりと理解できるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。