NHK語学ラジオ講座の使い方について

私はNHKラジオのビジネス英語を、1年間聴き続けてきました。ボキャビル用として使っています。

この3月は最終月ということで、すこし寂しいです。
テキストとCDを買いに書店に立ち寄ったのですが、どうしてもCDが見当たらないのです。
これは困りました。

こんな話をきいたことがあります。
NHK語学テキストの売り上げは、4月がピーク。その後、徐々に聴講者が減り、3月には売れなくなる。
そして、また新年度の4月に新番組がスタートし、リスナーが飛びつくので、売り上げが跳ね上がるが、それも続かない。そんなサイクルが繰り返される・・・。

まさに、3月はテキストもCDも売れないため、業者は生産を絞ったのでしょう。楽しみにしていたCDが変えませんでした。

そんな新年度4月が、またやってきます。
書店では、NHKラジオ英語のテキストが大量に平積みされています。
新年度からは、海外勤務経験豊富な銀行員が、新しく入門ビジネス英語を担当されるそうです。番組を楽しみにされ、聴講される方も多いのではないでしょうか。NHK語学講座は、低価格で、良質な内容を提供してくれる、得難い英語教材です。特に表現や語彙サンプル集として良いと思います。
 

一方、良心的なNHK語学講座は、語学力を鍛えるというよりは、今持っている語学力を維持したり、英語に最低限触れる習慣化する為には有効ですが、それ以上は期待出来ない、期待すべきでも無い、と言えるかもしれません。
語学講座はあくまで「楽しみ」であり「娯楽」に過ぎず、聴講を続けていても語学力の劇的な伸びは、残念ながら期待出来ません。学生時代、毎日聴き続けて、なんとなく勉強している「気に」なっていた、過去の自分への戒めでもあります。

当たり前な事ですが、そもそもNHK語学講座を担当されている講師の方などは、NHK語学講座で語学力を鍛えた訳ではなく、留学や実践経験などで苦労しながら語学を磨いた人たちです。

やはり、語学は使ってなんぼですし、暗記暗唱、留学や仕事での苦闘の中で身に付くもの。
地味な反復練習、基礎知識の習得が不可欠であり、それを恥をかきながら使ってみて、初めて体得できるモノのはず。

魅力的に見える、たくさんのNHKラジオ講座に目移りしそうになりますが、4月からのNHK語学講座も、これまで同様「ビジネス英語」一本に絞ります。
あくまで、日々英文暗唱したり、記事を多読精読して出会った語彙と、もう一度音声で出会う場としての、「単なるボキャビル用教材」と割り切って、聴講したいなと思っています。

語学講座は受け身の学習であり、上達の実感がしづらいので、目的をできるだけ絞って使うと、期待する効果が得られるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。