『700選』と『英文解釈教室』は、どうリーディング力向上につながるか

英文を「文レベル」ですっきり捉える読解力をみにつけるために、『700選』と『英文解釈教室』はおすすめです。

先日『新・基本英文700選』を、日本語をみて瞬時に英語で音声化するトレーニングを続けて、全文の暗唱を終了しました。
方法は単純です。暇さえ有れば、CDを聴き、とにかく英文に慣れる。発音とイントネーション、音声変化を簡単に分析し、シャドーイングします。

筆写はせず、あくまでオーラルだけを使い、日本語を見て英語に変換します。
筆写すると、それで安心してしまうため、あえて記憶に負荷をかけるため、口頭で暗唱しています。
うまく変換出来ない場合、英文をみて口慣らしを行います。

※効果
地味で辛い作業ですが、たしかに効果はあります。
たとえばスピーキング。海外でなんとなく話せるようになったが、ブロークンな英語が染み付いている場合も、こうした英語構文やコロケーションをトレーニングすることは、ブロークンの矯正につながります。

しかし、700選は、口語表現だけでなく、堅い書き言葉が多いため、暗唱する必要性に疑問をお感じのかたもいるかもしれません。
このあたりの「ごちゃまぜ感」がこの例文集の弱みでもあり、また文章表現を広げてくれる強みでもある気がします。

さて、700選を暗唱すると、リーディングが楽になります。
これには前提条件があって、先に『英文解釈教室』を読了しておくことがよいと思います。
文法や構文解釈の基礎力がないと、せっかく700選だけを暗唱しても、単なる文章の丸暗記になり、覚えた文章を活用する段には進みにくいのです。

最近はThe Economist espresso という、エコノミストのサマリー版を読んでいますが、これはエコノミストより短めで、単語レベルも文章も軽めです。驚く事に、700選で登場する文法やコロケーションと頻繁に出くわしますので、非常に楽によめます。
例えば倒置の文章を暗唱できるようになると、実際の英文に触れた時、素早く解釈ができます。

このあたりは、700選の暗唱だけでなく、『英文解釈教室』とセットで勉強することで、英文を文法的にすっきり捉えるリーディングの力がつくと思います。

一方で、文章の要旨を捉えるパラグラフリーディングなどのスキルは、当然ながら『700選』、『英文解釈教室』では学べません。
これらの本で英文構造をすっきり捉えられるようになったら、次は速読やパラグラフリーディングスキルを学ぶと良いと思います。大学院での勉強や、英文雑誌の読解にも役立ちます。

※暗唱の課題
理解した英文を音読し、日本語を英文にすらすらと暗唱をすることは、input→intake→ outputのプロセスと言えるのでしょうか。この辺りは私にはまだよくわかっていないのですが、英語に触れる機会の少ない、EFL下の日本では、有効な学習法の一つかもしれません。

効果はある一方で、暗唱は辛い作業でもあります。もっと楽しく暗唱作業ができないだろうか・・・と課題も浮かんできます。
イギリスではノンネイティブが英語を学習する際、「コロケーションを覚えよ」とは言われますが、苦痛を伴う英文の暗唱などさせません。つまり700選の暗唱などは、世界的にみると極めて異様な学習法かもしれません。

※苦痛の少ない暗唱方法
苦痛の少ない暗唱方法は、こんな感じでしょうか。
1)英文を文法・語法的に理解する。理解していない文章の暗唱は無意味。
2)音声分析する。発音・音声変化・イントネーションを意識し、正しい発音で英文を読めるようにする。音声を重視する。
3)理解し、音声分析が終わった文章を、繰り返しシャドーイングする。
4)時折、日本語→英語文章を口頭で生成できるか確認する。

英文を文レベルですっきり捉える力をみにつけるために、『700選』と『英文解釈教室』はおすすめです。

関連記事
「新・基本英文700選』
⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット 総論」
http://learningshelf.net/2015/03/18/『新・基本英文700選』を暗唱するベネフィッ/

⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット ライティングについて」
http://learningshelf.net/2015/06/24/『新・基本英文700選』のベネフィット〜ライ/

⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット スピーキングについて」
http://learningshelf.net/2015/03/06/新・基本英文700選などの構文暗唱でスピーキ/

⇒「「英文読解教室」を読了して」
http://learningshelf.net/2014/12/28/英文読解教室を読了して/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。