翻訳体験

ある人から、英文記事の翻訳を依頼されました。

企業紹介記事です。
比較的短時間で翻訳したのですが、気づいたことがありました。

この4ヶ月間、英文法を基礎から学び直し、パターンプラクティスや口頭英作文を繰り返した結果、文章を確信を持って翻訳することが出来るのです。
これまではさっと読んで、なんとなく推測して終わり、でしたが、ごまかさずに翻訳出来ているな、と実感。
思った以上に、楽しい経験でした。

あらためて、文法基礎は重要であり、しっかりした基礎が築ければ、応用も可能となることを痛感しました。

どんな技能でも、大きく飛躍したいのなら、一旦一歩二歩下がって、地道に基礎を固めることは、有効かもしれません。

さて、基礎力強化に役立つパターンプラクティスや口頭英作文(日本語をみて、瞬時に英語に訳す)ですが、難点は単調なため飽き易い点です。

また、基礎力強化を、大学院レベルのディスカッションやライティングに繋げるには、別の活動も不可欠です。

それぞれのトレーニング手法をうまく繋げて、英語力強化の方法を確立したいなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。