資格試験で英語学習のモチベーションを得ることと、英語教授法をさらに学ぶ事について

私がTOEICを初めて受験したのは、大学1年生の時です。
その時の点数は今も忘れません。何と240点。悔しさのあまり、いまだにスコアレポートをとってあります。
おもえば、ここから私の自己英語学習はスタートしました。

英語力を高めるために、何をどれくらい勉強すればいいのか、まったくわからない中、独自で試行錯誤を繰り返しました。そして社会人として外資勤務やMBA留学も経験し、英語力にも自信がついてきたので、先月久しぶりにTOEICを受験してみました。特にTOEIC対策はしていません。
昨日、結果が届きました。

Listening 495
Reading 435
=Total 930

リスニングは満点、リーディングは満点まで60点足りませんでした。

受験後の感想ですが、リスニングに関しては、普段からBBCだけでなく、NHKのビジネス英語やEnglish Journalでアメリカ英語を聞くようにしたことが、リスニング点数につながったのかもしれません。
リーディングは、残念な結果でした。満点を目指すには、文法の苦手項目を地道に潰していくなど、TOEIC用の特別な対策が必要かもしれません。

私は現在、日本の通信制大学で英文学や英語教授法を勉強しています。
最近は単位取得にようやくめどが立ちましたので、次なる目標を設定してみたいと思います。

1、英語力強化のためのモチベーションとしての資格試験を目指す
英語学習のモチベーションを得る、という目的のために、資格試験を活用してみたいとおもいます。
そこで、日本で受験できる英語試験は出来るだけ挑戦してみることにしました。

私が現在持っている英語試験は、IELTS7.0と、今回のTOEIC930点のみ。これにイギリスのMBA学位がありますが、これでは英語教師としてはちょっと力不足でしょう。

そこで、日本で取れる英語関連資格にいくつか挑戦してみようと思います。
・英検1級
・TOEFL iBT100
・TOEIC 990

まず英検1級です。
英検は語彙問題で特別な対策が必要と言われていますので、研究をはじめてみたいとおもいます。

またTOEFL iBTは100点を想定して勉強をしたいと思います。
これまでIELTSばかり勉強してきたので、勝手がわかりません。

TOEICについては、特別な準備はせず、リーディング用に文法項目のおさらいと、英字新聞等の多読を継続したいと思います。

各種試験の対策や受験結果を記録し、これから勉強される方のお役に立てればと思います!

2、TESOLの大学院で、科目履修生として英語教授法の単位をこつこつ取得する

通信制大学で英語教授法に強い興味を持ち、さらに勉強を深めてみたいと思いました。
日本の大学院で勉強するのもいいのですが、イギリスの大学院を卒業したからでしょうか、やはり外国の大学院で勉強したいなと思っています。海外の大学院であれば、英語教授法学習を通じ、英語力もさらに強化できます。
とはいっても、資金的にも時間的にも、もう留学することはできないので、国内にある海外大学院での勉強を検討しています。
まずは科目履修生(Non-Matriculationといいます)として、英語教授法に関する授業をとり、コツコツと単位をとってみたいと思います。通信制大学でとった手法とおなじです。

1)英語資格試験を通じた、英語学習のモチベーション維持と、2)大学院での科目履修生としての、英語教授法の研究
の2つを、今後の目標としたいと思います。

コメントを残す