通信制大学で、出来るだけスクリーニング受講をお勧めする理由

通信制大学で、今回下記3科目9日間の集中スクーリングを終えました。

英語科教授法2
英語音声学
英語科教授法4

英語塾の創業プランを練るうえで、こういった科目は英語学習・指導の体系的な知識を得られるため、大変有効でした。

授業は英語教員養成用の科目でしたが、今回私は「英語教員になる」という視点よりは、「日本の英語教育の現状と、目指すべき方向性とのギャップはなにか」を理解することが目的でした。結局はそこにビジネスチャンスがあるのでは、という仮説をもって授業にのぞんだのです。

単にネイティブを雇って英会話する、という単純な英語サービスではなく、理論に基づき、日本の環境に合ったサービスを提供したいと思ったためです。

授業を受けて、私はもっと「英語教授法」を学んでみたい、と強く思うようになりました。

授業で先生がポロッと話された言葉が、印象にのこっています。
EFL(English as a Foreign Language)下の日本では、学校授業の外では英語に触れる機会が少ないため、シンガポールやインド、欧州などのESL(English as a second Language)下と同じ英語教育を行っても、必ずしも有効ではない、という点は、まさに私がイギリス留学中に感じていた課題です。この点をビジネスシステムで解決できないだろうか、ということを、スクーリング中はずっと考えていました。

幾つかアイディアを出し、今後は簡単なトライアルなどもしてみたいと思っています。

通信制大学を受講して感じるのは、出来るだけスクーリングを受講することの重要性です。
まず、得られる刺激の量と質が違います。教科書を読みレポートを書いて、試験を受けることでもある程度の学びは得られますが、やはり対面授業での学びは違うなと感じます。
とくに、教員の何気ない仕草や強調ポイント、生徒の反応などは、書物では得られない「暗黙知」であり、これがあるだけで教科の体系が立体的に見えてくる事が多々ありました。教科の学びを本質的に深める性質のものです。

スクーリングは時間もお金もかかりますので、必ずしも効率的ではありませんが、通信制大学での学びを最大化するには、書物での学習を自身で深めた後、できるだけスクーリングを受けて知識を深めるのがおすすめではあります。

コメントを残す