3つの留学

最近、日本の大学が「グローバル人材」を育成するための活動を活発化しているように見えます。

一つの流れとして、学生に海外留学を義務づけるプログラムを持つ大学も増えてきました。私大では以前から導入している学校も多く、大抵は半年から1年という短期留学です。

一橋大学も、学生に数週間の留学を義務づけるそうです。(これはちょっと短いですが)

たしかに、日本の大学生という安定した「基地」を基盤に、異文化にふれるのは、学生にとってリスクが低く、英語力や視野を広げられる効率的な仕組みです。
学生にとってのハードルは低いため、今後も多くの日本の大学が取り入れていくと思われます。

しかし、こういった「低リスク」の留学は、「グローバル人材育成」に、いったいどれくらいの意味があるのでしょうか。

これらはいわば、お仕着せの「交換留学」「エスカレーター留学」であり、ある程度の単位を取ればよいという、お楽しみ留学にすぎないこともまた、事実です。

留学とは、本来ぼんやりした言葉ですので、
分解して考えてみると、「留学」が見えてきます。

私は3種類の留学をしたことがあります。いずれも大学のプログラムではなく、自分で勝手にきめて、自分で準備した留学です。

1つは、1ヶ月の短期後学留学。大学2年のとき、イギリスのノリッジにある語学学校に留学しました。ストレスのない、楽しい語学留学です。
日本の大学がうりにする「プログラムに海外留学を組み込んでいます」というものも、実情はこの語学留学と大差はありません。

2つめは、1年の交換留学。大学の派遣留学選考試験を受け、奨学金を受けてウズベキスタンのタシケント国立東洋学大学に留学しました。一応、ロシア語で幾つか単位を取らなければなりませんでしたが、別に現地の大学を卒業しなければならない訳ではないため、ちょっと努力すれば単位はとれました。これも比較的楽しい留学でした。

3つ目は、MBA留学です。
学位を目的とする留学は、上記2つの留学とは全く異なる性質です。まず覚悟がちがいます。仕事をやめて、妻をつれて貯金を切り崩しながらの留学ですので、死にものぐるいで勉強しました。失敗したらと考えるだけで、空恐ろしいような留学です。

私はたくさん転職活動しましたが、当然といえば当然ですが、3つ目の留学を、企業の人事担当は「ガチ留学」として評価します。英語力だけではない、勇気や度胸、挑戦意欲が透けて見えるからです。
2つの中央アジアへの留学も、「こいつ相当かわっているな」と奇異な目でみられますが、これは話のネタ程度かもしれません。

「リスクをとって、ビジネスを起こす、海外で勝負する」人材の獲得が急務な日本企業にとって、学生の「留学経験」をじっくり見極めようとする流れは、今後も高まっていくはずです。

単に大学のプログラムに組み込まれた留学を経験するだけでは、就職活動にはそれほどプラスにはならない。まして、それで「グローバル人材」が育つわけでもありません。

大学の留学プログラムなど、誰かに敷かれたレールの上では、「海外留学しました!」といっても、本当の勝負をしたことにはならないのです。

仕事を前にすすめるには、最後はその人の「気迫」であり、「気力」が問われます。相手が日本人でも外人でも、場所が日本でも海外でも、かわりません。

もし留学をグローバル人材育成とむずびつけるのならば、気迫や気力が試されるような「覚悟ある留学」に、多くの日本人が挑戦することで、結局はグローバル人材が育っていくのではないでしょうか。

コメントを残す