恐怖を感じる選択肢を選ぶ事が、決断の要諦

人生の様々な局面で、我々は決断を迫られることがあります。

就職、留学、転職、結婚・・・

誰しも、幸せになりたい、充実した人生を送りたい。
失敗したくない。今の快適な生活を失いたくない。

だからこそ、迷います。

ところが、人生の節目での決断には、試験問題とちがって「正解」は存在しません。自分の頭で考えて決断しなければならない。そしてその決断の結果責任もまた、自分が全て負わなければなりません。

こう考えると、決断することは勇気を伴うものです。
怖いからこそ、「良い」決断をしたいと、誰しもが考えます。

では、我々はどうしたら、「良い」決断ができるのでしょうか。

「良い」決断の定義はいろいろありますが、私は「良い」決断とは、「悔いのない」決断と思っています。

自分の想いに反した決断を下し、または何も決断しないという決断を下し、安定した、不安の少ない快適な生活を送ったとしても、それが自分の本当にやりたい事ではなく、後で「悔いが残る」ようなら、「良い」決断だったとは言えません。

幾つかの選択肢があり、それを選べるとします。例えばA,B
その中で、選択肢Aは先が見通せる。選択肢Bを選ぶと自分がどうなってしまうかわからない、と恐怖を感じるような選択肢があるとします。
このとき、自分の本当にやりたい事は選択肢Bであることが多い。

先の見通せる選択肢には、恐怖もなにも感じないはずです。でもそこには、生きる喜びもまた無い。
しかし、それを決断したら、恐怖を感じるという選択肢は、心の奥底に、「やってみたい。とびこんでみたい。でも俺どうなっちゃうんだろう」という想いがあるのです。

私はさんざん迷ったら、常に怖い方の選択肢を選んできました。
というか、私の妻に「まよったら怖い方を選べ。なんとかなっから」と、私の背中を足蹴りされ、決断を後押しされてきました(笑)。

留学、転職、創業・・・
どの選択肢も、恐怖がつきまといます。
しかし、振り返ると、不思議と悔いはないのです。

決断する際、多様な角度から選択肢を検討すること。
今がその時期ではないと判断したら、決断しないことも「良い」決断。
しかし最後は、恐怖を感じる選択肢を選ぶ事が、悔い無き決断の要諦です。

コメントを残す