iPadでThe Economistを購読し、リーディング力とリスニング力、ボキャブラリー力を鍛える方法 (2)

日本で生活していても、海外で生活しているのと同じように、いやそれ以上に英語力を鍛えられる仕組みはできないだろうか。
MBA留学後、日本に帰国してから私が考えている問いです。

仕事で海外とのやり取りが多い人は、英語に触れる機会があり、学習の動機を得やすいのですが、普通に日本で生活していると、英語を使用する必要性はそれほど感じません。
強い動機や必要性がなければ、わざわざ労力をかけてつらい英語学習を続けることは、どうしてもむずかしいのです。

なにか良い仕組みはないでしょうか?

私は、iPadでThe Economistを購読し、毎週1冊読むことを自分に課しています。習慣の力を借り、自然に英語に触れ続ける仕組みをつくったのです。

The EconomistをiPadで読み始めてから、これがすばらしい仕組みであることを実感しています。理由は以下の通りです。

1、1週間に1冊読む、という単位が、自分の英語読解力を計る基準となり、達成感を得やすい

もちろんThe economistの記事もすべてが面白いわけではありませんが、ここは一つ「全て読む」と決めて、1週間かけて1ページずつ取り組むのです。
始めはつらいかもしれまえせんが、継続するごとに、毎週読めるページ数が増えていく事に気づくでしょう。これが目に見える成長として、自分のモチベーションを維持してくれます。
英字新聞を毎日読む場合、日々の忙しさや体調によって読めるページ数が大きくばらつくことがあります。しかし週刊誌であれば、そういったばらつきはでにくく、純粋にリーディング力を計る基準として活用できます。

2、iPad版をダウンロードすると、全ての記事に英語音声がついてくるため、リスニング強化に最適である

ITの進歩は、英語学習のコストを劇的に下げました。私が学生のころ、BBCを聞こうとして短波放送ラジオをいじっていたころが懐かしいです。
iPad版には、全ての記事に音声がついています。美しい英国アクセントをききながらリスニング力を高めることが可能です。

3、音声に合わせて記事を読むことで、一定スピードで強制的に英文を読む訓練ができる

The economistはなんとなく敷居がたかい、継続できそうにない・・・と思っているかたには、音声から入るのがおすすめです。
音声に合わせて、記事を目で追うことで、ひとまずThe economistに強制的に毎週触れ続けることができます。時間はかかりますが、確実に記事を読むことができ、単語の発音も確認できます。

4、英検1級レベルの単語が繰り返し登場するため、読み進めるうちに単語力がつく

The economistの単語レベルは10000語をこえて、15000語、いやそれ以上とも言われています。難易度の高い語彙に日常的に出会わない日本人にとって、このレベルの語彙を鍛えようというモチベーションは、なかなか持ちづらいと思います。そこで、The economistを読み続けることで、多様な単語に触れ続けられ、語彙を覚えたくなってきます。私はあまり辞書は引かないようにしていますが、時折こらえられなくなって、「この単語なんだろう」と英英辞書を引くと、スムーズに意味を覚えられたりします。

5、英国人でも限られた層しか読まないため、自分は「ネイティブだって読めない雑誌を読んでる!」と優越感に浸れる

これはくだらなそうで、結構重要です。
もちろんネイティブは英語力があるため、The economistやFinancial Timesなど、読もうとすれば読めるでしょうが、これらは内容が政治経済、文化など高尚であり、また専門知識も必要なため、皆が皆読んでいる訳でなく、また読めないのです。
所属する階級によって読む媒体も異なると言われる英国では、労働者階級はタブロイド紙を読むのが定番であり、The economistやFTはビジネスマンや知識層が読むメディアとされます。第一、MBAのファイナンス授業で、「これは君たちが常日頃から読むべき情報源だ」と教授から言われるぐらいです。
「日本にいたって、おいらはレベルの高い雑誌を読んでいるんだ」と自負したりプライドを持つことは、決して否定するべきではなく、モチベーションを維持するために利用したほうがいいと思います。

値段にして1年で2万円程度です。
リーディング力、リスニング力、語彙力が身に付き、日本メディアが報じない情報が手に入る。非常に投資効率の高い英語学習法ではないでしょうか。

コメント

  1. 初めまして。Economistのことについて調べていたたどり着きました。
    参考までに教えていただきたいのですが、blog主さんはEconomist1冊読むのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか。自分はcover-to-coverで大体1週間の開いた時間が全て潰れてしまいます。。
    150-200wpmでは読めているのですが・・・よろしければお返事下さい。

    • 返信遅れてすみません。コメントありがとうございます。
      読むスピードですが、私も移動時間を使い、1週間でぎりぎり読み終わる感じですので、スピードは同じぐらいなのでしょうか。
      大意をつかんでよむと、当然早いのですが、背景知識が足りずに分からない記事や、未知の単語が多い記事もありますので、その時は時間をかけて、ノートに記事を貼付けて精読もします。あまり参考にならないかもしれません、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。