Paraphrasing パラフレージングは、アカデミックライティングの基本

イギリスの大学院準備コース、つまりAcademic Englishコースの授業で叩き込まれるのが、Paraphrasingです。

大学院は学問をするところであり、学問をするにはルールを守らねばならない。第一が、Plagiarism(窃ぴょう)を絶対にしないことです。
つまり、出典を明示せず「コピペ」することは、他人の業績を盗むことであり、やってはなりませぬと、大学院準備コースで、繰り返し繰り返し刷り込まれます。

2014年にSTAP細胞を発見したと話題になった研究者の一件は、日本に衝撃をあたえました。
とくに彼女の早稲田大学での博士論文の一部が、20ページにわたってあるサイトのコピペであったことが大きく報道されましたが、これはイギリスの大学院では、完全にアウトです。アカデミックなルールを破ったとして、退学処分となります。

つまり、今回の一件を欧米の人が聞いたら、「それはアカデミックのルール違反。学部生レベルでもありえない」という反応なのです。
日本を含むアジアの大学は、一般的にこういったPlagiarismの意識が低いといわれていますが、今回それを補完する事実が出てしまったといえます。

さて、Plagiarismを避けるためにはどうしたらよいか。その方法が、Paraphrasingです。

目的は、エッセーなどの文章を引用する際、Plagiarism(窃ぴょう)を避けるために文章の構成を変える手法です。

方法としては、主に3つあります。

1、synonimous 同意語を入れ替える

2、word classes 単語の格変化を利用する anxiety を anxious

3、word order 語順を変化させる

語彙が足りないノンネイティブには、Paraphrasingは難しいライティングスキルです。
出来るだけ自分の語彙を増やし、文法知識も鍛える事で、パラフレージングがうまく出来るようになります。

コメントを残す