教育とは、そもそもビジネスに向かない業種

英語塾の設立を検討する上で、ネックになっているのがファイナンスです。

単純にビジネスとして割り切って英語学校を運営するのであれば、話は簡単。
客単価と回転数を高めて、固定費を回収するだけです。

しかし、私はそうしたアプローチは絶対に取りたくないのです。

これは、自分が企業の経営企画部で、毎日財務や経理を見ているからです。
利益追求、利益確保に目が向くと、人間誰しも、企業設立の理念や志をどうしても忘れてしまう。
そんな場面を、嫌という程見てきました。
数字、数字、数字。

数字は企業活動の一面を切り取り、過去を振り返って未来への進路を決めるための大切なツールです。

しかし、数字は一人歩きする。
お客様の為に、世の中の為に始めたビジネスを支えるための「数字」が、いつの間にか目的にすり替わる。

だから私は、自分の英語塾では、利益確保に汲々とはしたくないのです。

では、どうしたら良いか。

そもそも、教育はビジネスで利益を出しづらい業種です。
本当に意義ある教育を行おうとすればするほど、その成果が見えづらい、効果を実感するのに時間がかかるため、お客からお金をとりづらい。
その証拠に、ハーバード大学やケンブリッジなどの欧米名門大学の収益構造は、大半を投資や不動産収入から得ています。授業料収入は微々たるもので、数%です。

つまり、自分の理想とする教育を行おうとするならば、その教育からの利益に頼らない「収益モデル」の構築が必要なのです。
さもなくば、私の理想の英語塾は、よくあるフランチャイズ塾や予備校のように、理念なき単なるビジネスに成り下がってしまう。

そこで、今はその「収益モデル」構築に取り組んでいます。
ハーバードやケンブリッジよろしく、私もMBAで学んだ知識を生かして投資に取り組んでいるのです。
牛の歩みですが、少しずつ不労所得が増えています。

「本当の教育がやりたいのなら、逆説的であるが、ビジネス知識を利用して安定した収益モデルを構築する必要がある」

MBAや経理財務経験は、理想の教育実践に活かせる。
そう信じて、日々の学びを収益モデルの強化に繋げていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。