「英語を教えない、英語塾」

英語学習って、なかなか続かない。
そんなお悩みをお持ちではありませんか?

私は英国留学中、英語力を高めなければ大学院に入学できなかったので、それこそ必死で英語の勉強をしました。
しかし、日本では英語が絶対に必要だ、という切迫感がないため、どうしても英語学習を続けることが困難です。

妻も低価格が売りのオンライン英会話の「レアジョブ」を2ヶ月ほど前に始めましたが、最近はさっぱりやっていません。やはり継続できないようです。

日本にいても、英国で英語を学習するのと同じように、英語学習する場をなんとかして提供できないだろうか。

英国にMBA留学する前、「日本にこんな英語塾があったらな」「ここで勉強できれば、もっと留学が楽しめたのに」、と思える塾ってなんだろう?

そんなことを考えるようになりました。

単なる英会話学校ではない、もっと英語学習を継続するために大切な「何か」を提供する場を。

そこで思ったのです。
私は、日本にいても、英語を学ぶモチベーションを保ち続けられる、そして確実に英語力をアップさせる塾を作りたい。

そのためには、ただネイティブとたのしく英語を話すだけでは不十分です。
なぜなら語学とは、地味な基礎技能練習の積み重ねでしか伸びないから。

しかし、何事も一人で勉強し続けるのは、つらいものです。
基礎技能の練習であれば、なおさらです。

そこで、私は「生徒の継続学習をサポートする場」を作ることにしました。
英語の自己学習範囲を決め、毎週集まって成果をシェアし合う場です。
そこには教師はいません。生徒の進捗管理と、モチベーション維持を担う、「インストラクター」がいるのみです。

これは私がMBA留学前に通っていた、ある英語塾がヒントになっています。
そこの英語塾では、先生は英語を教えません。
毎週テキストの暗記項目が指示され、1週間かけて音読して暗唱させられます。
そして週一回教室に集まり、暗唱の成果を皆に披露します。
システムはこれだけ。この繰り返しです。

苦痛だった暗唱が、楽しく感じられた塾でした。

私の塾では、英語力の向上のために、単なる暗唱だけでなく、シャドーイングやディクテーションも行って負荷をかけていきます。
また日本の音読教育で疎かになりがちな、発音の基礎トレーニングも組み込みます。

また、何をどれくらいやれば英語力がのびるのか、漠然とした英語学習を分解します。目に見えない英語力向上の道のりを可視化し、カリキュラムをスモールステップに構成し、工数管理します。

私自身がもともとTOEIC240点で、英語学習に苦しんできた経験があります。
そこで、自分のMBA留学経験を基に、TOEIC240点からTOEIC900以上、そしてTOEFL100点やIELTS7.0までの学習プロセスを定義し、カリキュラム化しました。

上達のためのカリキュラムを設定し、毎週行うべきことを明確にする。
そして毎週インストラクターとあって進捗を確認し合い、明日へのモチベーションを高めていく。

生徒は、英語を教わろう、という受け身の姿勢ではなく、自ら学ぶことが求められます。そのために、インストラクターは英語を教えるのではなく、生徒同士の刺激を促し支える存在です。

「英語を教えない塾」というのは、そういう意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。