キャリアデザインのコツ 目先の利益には目をつぶり、長期的視点を持つ事

会社にキャリアデザインをゆだねることは得策ではありません。
会社のビジネスモデルの寿命は30年とも言われます。一方個人の仕事人生は50年以上。会社一本のキャリアが、ある日突然途切れることも想定されます。
自分で積極的にキャリアをデザインしていく発想は、これからますます必要になります。

キャリアデザインを考える上で、こつがあります。
仕事を選ぶときに、「自分はこの仕事から何を学ぶか」を明確にすることです。
そして目先の利益、とくにお金の面には目をつぶる事です。
長期的に自分がどうなっていたらハッピーで、そのために今どんな仕事についてスキルや経験を磨く必要があるかを考えた方がいいと思います。

MBA留学後、私が選んだキャリアは、規模感が小さい成長企業でのCFO見習いでした。目的は、経理財務全般の経験を積むこと。

MBA後、外資系でController(日系企業での経理部長)、CFOポジションを狙って就職活動しましたが、結果は全滅でした。

理由は簡単です。
私の経理財務経験が足りなかったからです。

元々私は外資系製薬会社のMRからキャリアをスタートし、5年近くビジネスの最前線で営業活動をしていました。その後に社内でキャリアチェンジしたため、経理経験は2年半、予算管理は2年。年齢に比べて経理経験は明らかに足りなかったのです。

経理財務の仕事は、経験がものを言うため、MBAを持ってしても、上位ポジションを担うことは困難だと判断されたのも、仕方なのないことです。

MBA後はCFOやControllerなどの経理職以外に、マーケティングや英語講師の仕事も探しました。いくつかオファーを受けたのですが、どうもシックリこなかったため、今までの経験を生かす経理系に軸足をもどしたのです。

当時、経理系で私にオファーのある仕事といえば、外資系の管理会計、特にビジネスよりのcontrolling職でした。日本的にいえば、事業部付きの管理会計や予算管理担当。これは経理経験が必要というよりは、数字のセンスや現場感覚、事業部と良好な関係を築きつつ目的を達成するコミュニケーション力が求められる仕事です。外資系企業に勤務したことのないひとには、あまりなじみのない職種でしょう。

なぜなら日系企業ではこのあたりのBusiness controllingの職種は、専任では置かないからです。経理担当者が兼任することが一般的です。しかし外資系企業では、事業部ごとにBusiness controlling職を設置し、ビジネスの目標達成を側面から支援、さらにはドライブさせるために大変重要視されています。

私はこの経験が多少あったので、この職種に限っては外資系企業では引く手数多でした。しかし、面白みはうすくプレッシャーのかかるキツい仕事のため選択肢からのぞいていました。

将来CFO職を勤めるためには、経理財務の実務経験がたりない。そこで規模感の小さい企業で経理財務のすべてを経験したいと思い、ある企業のCFO見習いポジションを受けて採用されたのです。

年商30億円、社員数100人規模。海外進出に積極的な企業で、財務、管理、税務会計すべてを担う仕事です。給料は低いですが、大企業では経験できない仕事であり、キャリアの幅は大幅に広がります。

キャリアデザインする上で、仕事で学ぶことを明確にすること。
そして目先の利益は追わず、長期的視点にたって仕事に打ち込む事。
設定した学びを得たら、新たなチャレンジを厭わないこと。

仕事は厳しいものですし、意にそわない事も多々発生するものですが、
だからころ、意図的に仕事を学びの貴重な機会として、できるだけ楽しみたいものです。

コメントを残す