Dictation で英語力の土台強化を

英語の上達には時間がかかる。だかららくらく、即効性のある学習方法に飛びつくと、期待した効果が感じられずモチベーションを失いやすい。つまり、英語学習には時間がかかると腹をくくり、いかに学習への期待値を下げてたんたんと学習を継続できるかが勝負だ。

日本で軽視されている学習法に、dictationが挙げられる。聞き取ったセンテンスを書き取る、無味乾燥なものだからだ。さらに、聞き取ったセンテンスをいったん記憶しておく必要があり、非常に負荷が高い。即効性が感じられず、英語が苦手な人は避けたがる学習法だ。
しかし、dictationは英語力の土台強化に役立つ。
1 音声と文字情報を結びつけ、英語力が重層的になる
2 蓄積している文法語彙情報を最大限活用し類推する過程で、英語力がactivateされる
3 書き取れない原因が自身の英語力の弱点であり、それらが可視化される
発音、文法語彙、スペリング、そもそもの知識不足
つまり正確に聞き取り、dictationすることで、英語力の底上げが可能となるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。