会社に「借り」は作らない

先週の『半沢直樹』最終回を、嫁の実家で楽しく見ました。

瞬間視聴率が50%を越えるなど、社会に強いインパクトを残したドラマですが、

「実際の原作はどうなっているのだろう」と興味を持ち、『ロスジェネの逆襲』と『オレたちバブル入行組』を購入。3日で読了しました。

面白い。寝る間を惜しんで本を読んだのは、何年ぶりでしょうか。

とくに『ロスジェネの逆襲』は、自分がロスジェネ世代ということもあり、大いに感情移入しました。

私たちの世代は、「会社は個人を助けてくれない。最後は自分だけが頼りだ」という思いが強い。

出来るだけ会社に「借り」は作りたくない、という諦めに似たドライな感覚があります。

私も外資をやめてMBA留学し、転職した身ですが、その思いは日に日に強くなっていきます。

こんなことがありました。

最近は仕事も落ち着き、大量に本を読み続けています。

プログラミングなどITスキル系、会計ファイナンス系、そして今回のような小説などです。

使っている本代は月2万円ぐらいでしょうか。

業務範囲が広いため、使えそうな知識を手に入れるために読書を続けています。

嫁も、「ちょっと本代がかかり過ぎだから、予算管理するよ」と言い出す始末。

そんな折、机に散乱していた私の本を見た、人事研修を担当しているある同僚から、

「あんたは異様に学習意欲が高いから、業務に必要なスキルは会社負担で受けてOKだよ。部長に相談したら」

と水をむけられました。

私は「有難いお話ですが、会社に借りを作りたくないんで、自費で結構です。私は身銭を切ったほうが身に付くタイプですし」と応じました。

「・・・・あ、そう。もったいない」

MBA留学ですら自費で実行したのだから、スキルUPなどの自己研鑽なども当然自費であるべし。

転職や創業の際に気持ち良く決断するためにも、業務アウトプットの質と量を高めて、できるだけ会社に「貸し」を作りたい。

うまい世渡りの方法ではありませんが、この不器用なこだわりは、自分にとって譲れない一線なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。