中学英語の教科書を使って、使える英語力を身につける方法

TOEICの点数を伸ばしたい方には、私は逆説的ですが、「点数は狙わないでください」と申し上げています。

TOEICはコミュニケーション能力を測る試験なので、「どれだけ英語を使えるか」が試されるのです。そのためには、「どれだけ英語を使ったか」という、プロセスが重要なのです。

では、日本でどうやって英語を使ったらよいのでしょうか?
ネイティブのいる英会話教室に通う必要があるのでしょうか。

いいえ、ありません。
外人になれるため、という意味では効果はありますが、40~50分レッスンを週1回や2回とったところで、英語力は伸びません。

そこでおすすめしたいのが、3ステップの中学英語教科書を使った学習法です。
基礎的な語彙・文法・発音を、中学教科書を使って徹底的に鍛え、発信力の土台を作るのです。

1、基礎的な発音教科書で、発音体系を学ぶ

2、中学英語教科書3年分を、できるだけ正しい発音で繰り返し繰り返し音読と筆写する (日本語訳は内容理解のためとしてだけ使う)

3、結果として、何も見ずに中学英語教科書を暗唱できるようになる

これで、英語の土台は完成です。
一生あなたを助けてくれる、後戻りしない真の英語力の基礎になるのです。

次に、この土台を使って、英語で考えるトレーニングをします。
英国で発売されている、Q&Aがぎっしりとつまった教材を使用します。
教師や友人に英語で質問してもらい、トップスピードで英語で答えるのです。
これにより、タイムプレーシャーのなかで、英語で考えて話す癖を強制的に作り出します。
リスニングとスピーキング力の実践力が鍛えられます。

そして、最後に自分がやりたい英語学習に取り組みます。
留学したいのなら、TOEFLやIELTS。ビジネスならTOEIC S/W。
一般英語ならCambridge英検やふつうの英検もいいでしょう。

つまり、この学習法の肝は、いきなり英語試験に取り組まないで、まず中学英語の暗唱という基礎工事をおこなうことなのです。
そして、クイックQ&Aで、英語のままで考えて話す訓練を積みます。
まず「発信」を基礎に、英語学習をすることで、スムーズに使える英語力が身に付くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。