Grammar in Use で、実際に使える文法力を高める方法

文法をどのように学ぶべきか。迷っている人は多いようです。

文法は、活用レベルまで習熟させることを目指すことが大切です。

具体例として、Grammar in Useで使える文法力を身につけた人の例を挙げたいと思います。

以前豪州へ行った時、学位取得をせずに現地で遊び歩いていた人と出会いました。

遊んでいたとは行っても、彼は流暢な英語を操っていて、IELTS6.5を取っていました。

留学したいと思いながら、なかなか英語力を高める方法が分からなかった私は、彼に英語をマスターする方法をきいてみました。

かれは次のように言いました。

「僕は大学院に行くため、豪州に来ました。

1年目は語学学校に行きましたが、ほとんど意味はなかったです。

サッカーが好きだったので、現地のチームに入って遊んでばかりいました。

そのうち英語を正しい文法で話せるようになりたいと思い、English Grammar in Use を繰り返し解きました。

図書館にかよって1年間で7回転ぐらい解いたでしょうか。

文法の基礎が固まった後にサッカーの仲間と話す練習が出来て、これで英語に不自由しなくなりました。」

結局彼は大学院に進まずに日本へ帰国し、英語力を生かして転職を重ねています。

彼の経験から英語上達に参考となる点は次の通りです。

1、ブロークンな英語ではなく、正しい英語を身につけるため文法書に取り組むこと

2、その文法書は、世界的に定評のある、運用を目的とした物を使用すること

3、文法書は1度解いて終わりではなく、繰り返し解く。教材を絞って文例まで徹底的に覚える。

4、繰り返し解いて、使える文章を暗記する。

5、暗記した文章を、実際に会話で使ってみる。

つまり、文法を勉強して終わり、ではなく、つねに実際に使うことを想定して、文法を学ぶことが大切なのです。
もっと具体的にいうと、文法を学ぶというのは、「内容を理解し、暗記し、会話でパッと自在に使えるまで習熟させること」を意味します。ここまで取り組んで初めて、学んだ文法が活きてくるのです。
そのために、Grammar in Useは、会話で使える文法能力を高めるための、一つのツールとなりえます。

コメントを残す