論理的に話すために

ビジネスの場で、伝わりやすくなる英語の話し方って、何でしょう。
それは、論理的であることです。
論理的ってどういうことかというと、関係性がしっかりしてるってことです。
では、なぜ英語では論理性、つまり関係性が大切なのか。

それは、英語がローコンテクスト文化のげんごだからです。
言語学者のエドワード・T・ホールが提唱した考えで、社会の同質化がひくいと、人々に共有される知識や価値観が低いため、言語で伝える際に相手に察してもらうことを期待できないのです。結果として、相手に伝えるために、高いコミュニケーション技術が求められます。こうしたローコンテクスト文化の言語では、論理性が最重要かつ唯一の共有された前提条件ともいえるのです。

ですから、英語で話す時に、論理性、つまり話す中身の関係性をしっかりさせないと、英語の会話は相手にとって非常に理解しづらいのです。

そこで、英語で話す際、論理性を高める効果的なフレームワークがあります。
CRFと言われています。
Conclusion, reasons, fact です。つまり、結論、根拠、事実。
これを抑えるだけで、格段に会話の論理性、関係性がたかまります。

例えば、

I think ……  と結論を述べ、
Because …. や、there are some reasons, firstly,,, secondly… などで根拠を話し、
For example,,,,で根拠を支える事例を述べる。

簡単なフレームワークデスが、話す内容の関係性がとてもスムーズにーなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。