アクティブ語彙を増やす学習法 active vocabulary

英語学習者のみなさんで、「いつも同じような単語ばかりつかって会話してしまう」というお悩みをお持ちの方は多いようです。

この悩みは、一般的な日本人が抱える英語スピーキング力の課題である、「使える語彙が限られていて、自分のいいたいことをうまく表現できない」状態です。

これは、自分で書いたり話したりできる、「アクティブ語彙」が足りないことが原因です。

私が大学院準備コースで習ったのは、ネイティブ話者でも実際に使用するアクティブ語彙は、5000ぐらいであり、日常生活だと1000以下程度しか使わない、ということでした。

これに比べて、日本人はどうでしょう。
実際に留学経験者やビジネスで英語を大量に使用する人は別にして、アクティブ語彙は非常に少ないはずです。自在に使えるアクティブ語彙は自分が思っているよりも少なく、300、いや100ぐらいかもしれません。

一方で、われわれ日本人は、聞いたり読んだりしたら理解できる、「パッシブ語彙 passive」は結構持っています。中学英語で1500~2000語ぐらいの基礎単語を学び、それから高校で5000語レベルまで語彙を増やしていきます。

しかし、残念ながら、これらの語彙は「アクティブ語彙」として習得はされず、受験用に意味を記憶する程度しか勉強しないため、実際のコミュニケーションの場では「アクティブ語彙」が非常にかぎられてしまうのです。

それでは、どうしたらこの「アクティブ語彙」を拡大することができるのでしょうか?

私が留学中に試してもっとも効果的だったのは、「簡単な単語を英語でスピークアウトする」学習法です。

たとえば、超基本単語である book。
これを英語で素早くdescribeしてみるのです。

具体的なやり方は、まず無地のカードを用意します。

1.表に次の質問文を書きます。

What does the word “〇〇〇” mean? 

(ここでは〇〇〇の所には book と書きます)

2、裏に、英英辞書にのっている語義を写します。

A book is a number of pieces of paper, usually with words printed on then, which are fastened together  and fixed inside a cover of stronger paper or cardboard. Books contain information, stories, or poetry, for example.

3、カードは完成です。
表の質問文を声を出して読み、すぐに英語で語義を説明してみます。

このカードを、1日10枚ずつぐらい作って、毎日スピークアウトし続けると、驚くほど自分で使える語彙が広がっていきます。

簡単な単語を、簡単な単語で説明するだけなのですが、非常に脳に負荷のかかる学習法です。
これこそ、アクティブ語彙を拡大させるのに最も効果的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。