外資系企業に転職する際の、本当のTOEICの位置づけ

最近、外資系企業への転職で、英語力の足切り基準としてTOEICが使われている例を聞きました。これは私の経験です。

ある大手化粧品の外資系企業の中途採用では、TOEIC900点以上が書類選考パスの条件でした。

私がこの企業の面接に伺った際、面白かったのは、1000人を超える社員の中で、外人は社長ただ一人ということでした。つまり、日常は英語は使わないのです。海外本社へのレポーティング時に英語ライティングが必要になる程度で、実際は会話力などはまったく求められない仕事でした。
勿論面接も日本語です。

これで私は気づいたのですが、日常的に英語を使用しない外資系企業ほど、TOEICといった非実践的な英語試験を基準につかっているのです。

一方で、私が先日面接を受けた別の外資系企業は、英語力基準にTOEICは不問でした。完全にインターナショナルな環境であり、面接時には外人と話すため、そこでまずスピーキング力がチェックされます。TOEICスコアを見る必要性がないのです。
社内の大半は外人で、直属上長もインド人。面接は当然英語でしたし、矢継ぎ早な質問に頭がつかれたのですが、英語力が一瞬一瞬、高まっていく充実感も感じられました。

つまり、本当に英語で勝負する環境では、TOEICは必要ないのです。
しかし、いまだにTOEICを書類選考の足切り基準としている企業も多いため、パスポート感覚でTOEICのスコアを900点以上取っておくことは、自分の身を守るためには有効でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。