英語ライティング力が飛躍的に高まる、シャンシャン式ライティング学習法

Sheffield大学の付属英語学校、ELTCで勉強していて、目から鱗の経験だったことを書き留めておきたいとおもいます。

先生の計らいで、英語力が十分ではなかったのですが、最上級のクラスに移動させられたことがありました。

そのクラスメイトに、中国の大学で英語を教えているシャンシャンという中国人がいて、あまりの英語力の高さに思わず舌を巻きました。

国費で英語力強化のためにやってきた彼女は、中国の大学で4年英語を専攻後、3年間大学院でさらに英語を深め、その後中国の西安の大学で英語を教えています。

海外経験が今回の留学で初めてなのに、とにかくスピーキング力が高く、ライティングも自由自在。

彼女から何かを盗もうと、私はいつも授業は彼女の横にすわっていました。

授業中、彼女は配られたプリントの単語や表現などに線を引っ張ったり、○で囲んだりしていました。

聞いてみると、「意味は分かるが、自分で話したり書いたりと発信できないような表現にしるしをつけている」というのです。

なんで?と問うと、「家に帰って特別なノートに記録するため」だといいます。

なんでも、彼女は昔Writing力がなかったので、大学時代から始めた習慣だそうです。

発信するための表現を日々集め、こつこつと暗記していくのが、Writing上達に有効、という話でした。

彼女のノートに興味がでて、見せてもらいました。

すると、であった新しい表現、発信語彙として獲得したいフレーズがびっしりと書かれていました。

とくに興味ぶかいのは、センテンスごとに連番がふられていたことです。

漫然と表現を書くよりも、自分がどのくらい表現を集めたか客観的に理解できるので有効だそう。

彼女の2か月の留学で、集めた表現は2000を優に超え、2冊目のノートに書いていました。

Writingは上達が一番難しい技能だといわれていますが、彼女のアプローチ(シャンシャン式ライティング学習法)はそのための着実なアプローチだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。