フィンランドの英語教科書から学ぶ、本当に使える英語の身につけ方

なぜ日本人は英語が苦手なのか。考えられる理由は簡単で、学校教育で”実際に使える英語”を教えられていないからです。ここでは英語教員のレベルに的をしぼってみましょう。

残念ながら、中学や高校の英語教員は、”生徒の英語運用能力を高める”という視点で授業を行えていません。考えてみればこれは至極当然です。なぜなら現在の日本で英語教員になるためには、英語ではなく英米文学を大学で専攻する必要であり、もともと彼らにとって英語運用力を高めるインセンティブはそれほどないのです。これは彼ら教員が悪いのではなく、しくみに問題があります。免許取得、採用試験という”入り口”の基準が、そもそも時代に合っておらず、そのしわ寄せが子供たちに集まっている。

日本と比べ、フィンランドの英語教育は非常に実践的だといわれています。私が旅した時も、ヨーロッパの中でかなり高い英語力を持っていることがわかりました。

学校では特にネイティブ教師がおしえるわけでなく、フィンランド人の英語教師が授業を行い、それで十分生徒の英語力を実用に耐えうるレベルまで引き上げている。

日本とフィンランドの何が違うのか知りたくて、フィンランドの書店で高校の英語教科書を購入してみました。

高校1年生レベルの教科書を手に取ると、気づいたことがあります。

「これは私が英国の英語学校で学んだテキストと似ている」ということです。つまり、極めて実践的。

このテキストは”実際にすぐ使える”という視点で構成されています。

たとえば、”席が空いているか聞かれたときに、最も簡潔な返答を述べよ”、というような問いが、英語で書かれている。とにかく、実践的な英語力を高める仕掛けがふんだんに盛り込まれています。

私が学んだ英国での語学学校のように実践的すぎる、とすら感じました。

彼らにしてみれば、”実際にすぐ使えないような英語を学んでどうするのか”という思いがあるのです。確かに、この教科書の内容は英語コミュニケーション力を高め、物事を進めていく力を強化できます。

日本の高校英語教科書は、フィンランドに比べれば、知的で高尚な内容かもしれません。しかし、英語の運用能力はフィンランドに遠く及ばない。

実用的な英語を軽視せず、フィンランドのように”実際に英語で物事を進める使うこと前提で、実利を重視した英語教育”が、今の日本には求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。