Knowledge management

S

今週はKnowledge managementの授業でした。選択科目なので、人事系に関心がある人や、卒論のためにコンセプトを学びたい人などのみが参加したため、フルタイムのMBA生は7名、パートタイム1名、卒業生2名という少数でのモジュールでした。

ナレッジマネジメントに関心をもったのは、外資系企業でのプロジェクト経験からでした。

かつてグローバル会計システムの導入・経理業務の中国へのアウトソースという2つの大きなプロジェクトにかかわったとき、社内のナレッジ管理不足大変な目に会ったためです。途中脳卒中で死にかけたプロジェクト担当者も出て、「あの時どうしたらよかったのか」と今だに答えを探しています。

そんな理由で、今回のモジュールは非常に楽しみでした。が、この1週間は本当につらいMBAとなりました。

ほぼネイティブの囲まれ、少数の参加者にも関わらず常時2人の教授が張り付いて教室内で目を光らせ、われわれに発言を促します。普段のMBA授業内ではおしゃべりな生徒が発言するため、黙っていてもやり過ごせますが、今回ばかりは逃げ場がないと覚悟し、毎日授業をレコーディングしては聞き直して必死でまわりについていきました。

何度か発言し、「お前は普段静かだが、キラーオピニオンを出してくる」と冗談交じりに教授から言われたときは、少し自信になりました。

授業はよく構成が考えられていて、前半はナレッジマネジメントの理論を学び、中盤は実務への応用方法を身につけ、最終日にはとある軍事技術コンサルティングファームのディレクターに対してナレッジマネジメント実務の分析と改善策をプレゼンする、という流れで進みました。

前半の理論では、野中教授のSEKIモデルや、Intellectual capital(知的資本)などを見たのですが、西洋人のクラスメイト・起業している卒業生は、野中教授が提唱したナレッジマネジメントにおける”Ba" (場)の重要性について、大興奮している様子でした。

というのは、東洋人にとっては当たり前の、十分時間をかけて合意形成をして、各人が共通の認識をもって業務を進める、という感覚が合理的な西洋人にはないように思えます。

なぜ "The Knowledge creating company"が世界中で称賛されたのかは、この西洋人クラスメイトの"ba"の考え方に対する異常な興奮に理由を見いだせると感じます。

教授が「金融危機の教訓は、われわれ西洋人はあまりに効率・スピードを追い求めすぎたことだ。東洋のスローな合意形成に学ぶことも多い」というと、ネイティブは強くうなずいていました。それも一理ありますが、しかし今は日本企業も欧米式の経営スタイルを導入する会社が増えており、なんだか複雑な気分でした。 

アメリカの教授と電話回線でのディスカッションを行った際は、彼はその流れを「日本の強みを捨て去る行為だ」と嘆いていました。

と、前半は最高に面白かったのですが、中盤から後半にかけて、実際に企業のマネジメント層へ対して分析する段になると、とたんに負荷がかかりました。本当に、逃げ場がない・・・・

結局遅くまでかけてプレゼンスライドを作り、当日まで議論し、20分のプレゼンを4人で分担して行いました。

結局、プレゼン内容が評価され、われわれのグループが企業側から表彰されました。毎日「つらいつらい」と妻に愚痴を漏らしていた1週間でしたが、これで本当に報われた心地でした。

ナレッジマネジメントの授業は厳しい教授が2人で担当したため、生徒にとっては非常に多くを求められる授業でしたが、終わってみると本当に多くを学べたなと深く感謝しています。 MBAは、つらいけど本当に学びが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。