Sheffieldを去る

いよいよSheffieldを去る日が近づいてきました。

自分の故郷のような住み心地の良さになれてしまい、まだ実感がわきません。

会社のなかでちょうど中堅と言われる年代に差し掛かり、「このまま留学しなければ一生後悔する」と思い、何の当てもなくイギリスへ渡ったのがちょうど11か月前でした。

留学してから3か月は、英語も思うように話せず、IELTSも伸びない苦しい日々で、日本で会社に残っていた方が良かったのかな・・・と、正直少し後悔していました。

しかし徐々にさまざまな国の友人が増えたり、英語がちょっとずつ上達してくると、生活は一変して非常に充実した時間を過ごせました。

覚えているのは、楽しいことよりもつらかったことばかり・・・です。

昨年12月の大雪、氷点下10度の寒さに絶句したこと、にもかかわらずお金をけちって薄っぺらいビニールの上着だけでで過ごしてしまったこと

英語力が伸びず、大学院入学できない場合の強制帰国の影に常におびえていたこと、

真冬に愛車の自転車を盗まれたこと、

IELTSを何回受験したか分からなくなるほど受け続け、最後は問題を見るとアレルギーがでたこと、

フルタイムで授業を受けた後、あまりに低い英語力を改善するため、さらに別の学校でパートタイムのレッスンを受け、体力的にボロボロになっていたこと、

・・・

いま振り返ると、アホかとおもうものばかりですが、これら留学当初つらかったことも懐かしい思い出になっています。

最初の留学地としてSheffieldを選択したのは正解だったかなと思えます。 非常に暮らしやすく、英語学習に集中できました。

新しい土地に移っても、また新たな出会いを大切にしたいと思います。 

ありがとうSheffield!

コメントを残す