30年後に答えが出る投資

当初はUSCPA学習を開始し、科目合格しつつも学習を中断。

平行して英語を勉強し、留学できればいいなとIELTSを受験しはじめました。

途中留学手続きを何度も進めながらも、踏み切れず仕事を続けてきましたが、

ようやくここにきて踏ん切りがつきました。

現在学校からのオファーを頂き、海外大学院への進学を進めています。

応援してくれる家族や友人に支えられ、改めて1人で生きているのではないと感じます。

社会人を何年も続けていると、自分=会社という構図に、ずっぽりと陥っていたことを痛切に感じた次第です。

世界に名の知れ渡った大企業の名刺を持っていたたけで、自分もそれなりのビジネスマンだと勘違いしていたのです。

裸一貫から、自分の人生を切り開いていこうという気概がわいてきます。

すっきりした半面、不安がないでもありません。」

そんな時、トム・ピーターズの言葉を思い出します。

「晴れて自由の身になって、泣く奴があるか」

6年間計画していた留学を、ようやく実行に移すこととなり、これからがいろいろと忙しくなります。

体調を崩し、このまま留学しないと一生後悔するだろうと思ったことも、留学への決断を後押ししてくれました。

また、「目先の損得を考えれば会社に残るべきだろう。留学とは、長期的な投資のようなものだ。

留学という決断が正しかったかどうかは、おそらく30年後ぐらいに答えが出るのだろうな」

という、父親からのアドバイスをもらったことが、決意したきっかけの一つでもあります。

自分自身の人生のリスクを、自分の努力でコントロールし、逞しく切り開いていくこと。

これからの2年間、自分が勉強したかったことを徹底的に学び、お世話になった方々と仕事が出来る力をつけること。

修士号取得

ケンブリッジ英検最上級レベルの英語力

10年後、自分の理想とする英語塾を展開できるビジネススキルと海外人脈

具体的にはこれらを身につけたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。